Rikiによる知識財産の共有

【素敵なおじさん化計画中!】

虫歯になりたくない人におすすめ『フッ素塗布』について考える

どうもみなさん!Rikiです!

ご覧の皆さんの中に歯医者さんを好きな人っています?おそらく好きって人はそう多くはいないと思います。私も好きではありません。そこで私はなるべく歯医者さんにかからないために色々と対策を立て始めました。今やっている対策とその効果については今後記事にしていくかと思います。

今回は虫歯予防のための一手段である『フッ素塗布』について考えていこうと思います。

 

虫歯にならないために”フッ素塗布”という手段

虫歯になるメカニズム

歯は食べ物や虫歯菌により出される酸に晒されるとカルシウムやリンなどの成分が溶け出してしまいます。これらの成分が溶け出してしまうと虫歯菌に侵食されやすくなってしまい、そのままに放置しておくと虫歯になってしまいます。

 

虫歯になりにくくする再石灰化

カルシウムやリンなどの成分を再び歯が吸収することを再石灰化と言います。再石灰化することで歯は虫歯菌に侵食されにくくなります。人間は自分を守るメカニズムがしっかりと備わっていますね。つまり、カルシウムやリンなどの成分の溶け出しが多くなってしまったり、再石灰化の機能が劣ってしまうと虫歯になるリスクが高くなります。このため虫歯になりにくくするためには再石灰化という機能を高めてあげることが重要な要素の一つです。

 

再石灰化を促進するフッ素

以上から虫歯を防ぐためには、再石灰化の機能を高めてあげることが重要ということがわかったと思います。実はこの再石灰化を促進してくれる救世主がいます。それがフッ素です。よく歯磨き粉のCMで聴き馴染みのあるフッ素は再石灰化を促進してくれ、虫歯になりにくい歯にしてくれるというものなのです。

 

フッ素を歯に塗布する方法

フッ素を歯に塗布する方法は大きく分けて2種類あります。それが歯科医院での塗布と日常の歯磨きでの塗布です。

 

歯科医院でのフッ素塗布

フッ素は歯科医院で塗布してくれます。生えたばかりの歯や、歯茎が下がってきて露出してきた歯の根元部分はカルシウムやリンなどの成分の溶出がしやすいので、フッ素を塗布して再石灰化を促してあげることが重要です。しかも歯科医院でのフッ素塗布は、歯磨き粉と比べて高濃度であるのに加えて、そんなに高額ではありません。金額の詳細は近くの歯医者さんに電話などで聞いてみてください。

 

日常の歯磨きでのフッ素塗布

歯科医院での塗布したフッ素は時間と共に減っていってしまうので、日常の歯磨きで補ってあげることも大切になります。フッ素が配合されている歯磨きを使用して虫歯予防をしていきましょう。

 

おすすめの歯磨き粉

クリニカアドバンテージNEXT STAGE

クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハミガキ リラックスミント 90g【医薬部外品】

価格:519円
(2020/2/16 15:48時点)
感想(0件)

 大人におすすめです。これは高濃度のフッ素が配合されている上に、歯茎が下がってきて露出した根元のケアもでき、さらに知覚過敏もケアしてくれます。

 

ライオンこども ハミガキ

ライオン ライオンこどもハミガキ メロン 40g (医薬部外品)

価格:128円
(2020/2/16 15:49時点)
感想(0件)

 子供におすすめです。フッ素が配合されていて子供が好きな味になっているので、毎日の歯磨きが苦じゃなくなると思います。

 

最後に

可能であれば、一生虫歯にはなりたくないものです。私は虫歯になってしまったので、これからは虫歯にならないように日々気をつけていこうと思っています。フッ素塗布は虫歯にならないための一つの有効手段なので取り入れてみてはいかがでしょうか。